最初にやること

【初心者向け】エックスサーバーを契約する手順をまとめてみた!

この記事では、これからWordPressでブログを始める初心者の方に向けて、ブログ開設に必要なエックスサーバーのお申し込み手順について解説します。

「初めてでわからないよ〜」という方も、1つ1つ画像で解説しますので、手順通りに進めていただくければ、10分ほどで契約は完了します。

肩の力を抜いて、リラックスして進めていってください。

ブログ作るためにエックスサーバーを契約する理由

ネット上にブログやサイトを作るには、

  • サーバー
  • ドメイン

の2つが必要です。

ブログやサイトは『家』、サーバーは『土地』、ドメインは『住所』の役割だとイメージすると分かりやすいかと思います。
サーバー、ドメイン、ブログのイメージ図解

ブログという家を建てるために、土地を借り(サーバーを借りる)、住所を取得する(ドメインを取得する)という感じです。

なので、サーバーとドメインを契約して、初めてネット上にブログ・サイトという自分の家を存在させることができます。

エックスサーバーをオススメする理由

過去の自分
過去の自分
サーバーを借りるっていっても、一体どこのどのプランを選べばいいんだろう?
未来の自分
未来の自分
初めての方にオススメのサーバーは、「「エックスサーバー」(XSERVER)」だよ。安定感があるし、コストも安いし、総合的にみて一番オススメ。

エックスサーバーをオススメする理由は、以下の条件を満たしてるからです。

オススメな理由
  • 月1,000円程度の低価格で使える
  • ワードプレス自動インストールなどの必要な機能が全て揃っている
  • サイトの表示速度が速い
  • 2004年から運営されてる老舗サーバーで安定している
  • 無料で独自SSLが使える
  • 利用者が多く、トラブルで困った時に情報を見つけやすい。
  • アクセスの多い有名なブロガーさん達も使っている。

利用者が少ない・あまり知られてないサーバーを契約すると、何か問題が発生したときに、解決方法が見つからない可能性があります。

未来の自分
未来の自分
僕は過去に、ある仕事で海外のサーバーを使ったことがありましたが、検索しても全く情報が出てこないうえに、英語だったので途方にくれたことがあるんだ。

そういった経験や、色んなサイトの情報を調べて総合的に見た結果、「エックスサーバーが初心者の方に一番使いやすい」と判断してます。

エックスサーバーの契約完了までの流れ

エックスサーバー契約完了までの流れは以下の通りです。

エックスサーバーでサーバーを借りるまでの手順

  1. エックスサーバーのページから新規お申し込みをする
  2. サーバーIDとプランを入力する
  3. 氏名やメールアドレス等の個人情報を入力する
  4. 届いた設定完了メールのIDとパスワードなどをメモする

エックスサーバーのページから新規お申し込みをする

まずは以下のボタンをクリックして、エックスサーバーの公式ホームページを開いてください。

クリックすると、次のような画面が出てきます。

エックスサーバーのトップページからお申し込みフォームを開く
❶ トップ画面のメニューバーから「お申込み」をクリックします。
❷ 次に開いたタブの「お申込みフォーム」をクリックします。

新規申し込みをクリックする
左側の「新規お申込み10日間無料お試し」をクリックします。(無料期間が必要ない方もこちらでOKです)

サーバーIDとプランを入力する

サーバーIDとプランを選択する
「サーバーID(初期ドメイン)」を入力します。

サーバーID(初期ドメイン):自分のブログのURLになるわけではありません。契約や管理のためだけに使う管理用のIDですので、半角英数字で自分の好きなID・覚えやすいIDを入力してください。

「プラン」を選択します。

プラン:エックスサーバーには「x10」、「x20」、「x30」の3つのプランがありますが、初心者の方には「x10」がオススメです。

x10のプランでも100万PV程度なら耐えられますし、プランは後からでも変更できますので、アクセスが増えてきたときに、プランアップを検討しましょう。

x10、x20、x30の違いは、サーバーの容量と月にかかる費用です。容量は部屋の広さみたいなもので、広いほど月のコストも上がるため、最初から大きいプランを契約するのは勿体無いです。

氏名やメールアドレス等の個人情報を入力する

会員登録情報を入力します
メールアドレス、登録区分、名前、郵便番号、住所などの個人情報を入力します。

「利用規約」「個人情報の取り扱いについて」に同意するにチェックしたら、「お申込み内容の確認」ボタンをクリック
「利用規約」「個人情報の取り扱いについて」に同意するにチェックを入れ、「お申込み内容の確認」ボタンをクリックします。

お申し込みをするをクリックする
入力した個人情報を確認します。

内容に間違いがなければ、『お申し込みをする』ボタンをクリックします。

サーバーID(初期ドメイン)以外は、エックスサーバーの管理画面で変更ができます。

届いた設定完了メールのIDとパスワードなどをメモする

申込みが完了すると、エックスサーバーから登録したメールアドレス宛に、以下の件名のメールが届きます。

【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]

このメールには、「ユーザーアカウント情報」と「サーバーアカウント情報」の2種類があります。それぞれにIDとパスワードがあるため、メモしておきましょう。

    以下の情報をメモや保存しておくこと

  • 会員ID
  • インフォパネルパスワード
  • サーバーID
  • サーバーパスワード

これでエックスサーバーの契約は完了です。

サーバーの契約料金を支払いする

エックスサーバーは10日間の無料期間があり、その期間中は仮契約の状態です。なので、先に料金を支払って、本契約の状態にしてしまいましょう。

万が一、無料期間終了後に契約料金の支払いを忘れてしまったら、せっかく設定したものを1から全部やり直すことになってしまいます。

無料期間中に料金を支払ったとしても、無料期間後から課金扱いになります。

では続きです。以下のボタンから「インフォパネル」にログインします。

ユーザーアカウント情報を入力してログインする
メールに記載されているユーザーアカウントから

  • ユーザーID
  • インフォパネルパスワード

を入力してログインします。

画面左の「料金のお支払い」をクリック
ログイン後、左メニューバーにある「料金のお支払い」をクリックします。


先ほど申し込みをしたプランにチェックを入れ、任意の「更新期間」を選択します。

更新期間は、「3ヶ月」「6ヶ月」「12ヶ月」「24ヶ月」「36ヶ月の5つがあります。

更新期間が長くなるほど、1ヶ月あたりの月額費用が安くなります。

支払いに無理のない範囲で、更新期間を選択しましょう。

「お支払い方法を選択する」をクリックします。

あとは希望の支払い方法を選択し、料金を確認してお支払いすればOKです。

【補足】無料のキャンペーンドメインを取得しよう

エックスサーバーは、契約すると無料でドメインが貰える期間限定のキャンペーンを開催していることがあります。

キャンペーンドメインを使って、無料でドメインを取得するには、エックスサーバーへの料金のお支払いが完了している必要があります。

「対象サーバーID」が「サーバーID(試用期間中)」となっている場合は、まだドメイン取得ができません。

また、期間限定のキャンペーンなので、必ずキャンペーン終了期間を確認するようにしましょう。

無料でドメイン取得ができるキャンペーンドメインの申請は「インフォパネル」からできます。

左サイドバーにあるキャンペーンドメインをクリック
左サイドバーにあるキャンペーンドメインをクリックします。

規約を読んで同意するをクリック
規約を読んで、「同意する」をクリックします。

対象サーバーIDを選択し、取得したいドメインを入力、適用方法は「新規取得」を選択して、「ドメイン検索」をクリック
今回ドメインを取得する対象サーバーIDを選択し、取得したいドメインを入力、適用方法は「新規取得」を選択して、「ドメイン検索」ボタンをクリックします。


申請内容に間違えがないか確認して、「キャンペーンドメイン申請」をクリックします。

これでエックスサーバーのキャンペーンドメインの取得は完了です。

サーバーの契約が完了したら、次はブログで使うドメインを取得します

過去の自分
過去の自分
これでサーバーの契約が完了かな?
未来の自分
未来の自分
エックスサーバーの契約が終わったら、次はドメインの取得だよ。

今はまだインターネット上にサーバー(土地)を借りた段階なので、次はドメイン(住所)を取得して、そのあとにブログを作る流れになります。

ドメイン取得は、「お名前.com」で行います。

ということで、エックスサーバーのお申し込み手順は、これで終わりです。

【初心者向け】お名前.comでドメインを取得する手順についてまとめてみた!この記事では、ワードプレスでブログを開設したい初心者の方向けに、お名前.comでドメインを取得するやり方を画像で解説しています。記事の通りに実践すれば、30分ほどでドメインの契約が完了するはずですので、ぜひ試してみてください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です