ブログの分析・改善

【初心者向け】サーチコンソールの設置と初期設定方法まとめ

この記事では、WEBサイトの分析にあると便利な「サーチコンソール」の設置と初期設定のやり方について紹介します。

サーチコンソールでは、検索キーワードの表示回数やクリック数、割合などのグーグルアナリティクスとは違う情報を知ることができます。

なので、サーチコンソールをサイトに設定すると、SEO対策が効率良く進められます。

アナリティクス同様に超便利なツールです。ブログ開始と同じタイミングで導入しておくのをオススメします。

手順通りに進めていけば、すぐに終わります。肩の力を抜いて、リラックスして進めていってください。

サーチコンソールの設置と初期設定方法

設定は10分ほどで完了します。難しくないのでご安心ください。

サーチコンソールにアクセスしよう

まずはサーチコンソールのトップページへアクセスします。

「今すぐ開始」ボタンをクリックします。
今すぐ開始ボタンをクリックする

グーグルアカウントを作成しよう

まだグーグルアカウント(GメールやGooglドライブで使うアカウント)を持っていない方は、「アカウント作成」ボタンを押して、まずはアカウントを作成してください。
Googleアカウントを作成する

すでにグーグルアカウント(GメールやGooglドライブで使うアカウント)を持っている方は、「メールアドレス」を入力して、「次へ」をクリックしてください。
既にGoogleアカウントがある人は、メールアドレスを入力する

サーチコンソールにサイトURLを登録しよう

「開始」ボタンをクリックします。
サーチコンソールの「開始」ボタンをクリックする

画面左上にある「プロパティを追加」をクリックします。
プロパティを追加をクリックする

「URLプレフィックス」を選択して、「https://」から始まるサイトのドメインを入力します。
入力が完了したら、「続行」ボタンをクリックします。
プロパティタイプは「URLプレフィックス」を選択する

「ドメイン」と「URLプレフィックス」の2つがありますが、ドメインを選択しないように注意してください。もし間違って設定しても、プロパティを削除して、もう一度プロパティを追加すれば大丈夫です。

所有権の確認をしよう

左サイドメニューから「設定」を選んで、「所有権の確認」をチェックします。
「あなたは確認済みの所有者です」と表示されていれば、完了です。
サイトの所有権の確認をチェックする

2019/03/05メモ
ドメインを入力して続行を押したら、自動で所有権の確認をしてくれるようです。以前はメタタグの設定をワードプレス側にする必要がありましたが、それがなくなったようなので、これまでよりも簡単に設定できます。

これでサーチコンソールの設置・初期設定は完了です。

サーチコンソールをサイト運営に役立てよう

サーチコンソールはブログサイト運営には欠かせないツールです。長く使えば使うほど、サーチコンソールに貯まったデータは、まるで宝の山です。

貯まったデータを有効活用するには、知識と経験が必要です。

でも、そもそもデータが全くない状態だと、どこを改善していくべきか、もっと力を入れるべきかが全くわかりません。

今は、「こんなツールがあるんだ〜」くらいの認識で、とりあえずブログ開設と同時に設定しておいていただけると嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です