転職体験談

未経験でもIT業界で働いていけるのか?プログラムかけないので不安ですに解答してみた。

過去の自分
過去の自分
専門学校でIT系の分野を選んでいたけど、まったくプログラムできないし分からないや。そんな僕でもIT業界に就職できたんだけど、今後やっていけるか不安なんだよね。
未来の自分
未来の自分
大丈夫。プログラムがまったくできなくても、平気だったよ。今の時代ならWEBサービスでいくらでも勉強できるし、実際に現場で学ぶことの方が多いから、気にしすぎなくて大丈夫だよ。

この記事は、学生時代にIT系の分野を選んでプログラミングを学んだけど、正直全くわからないまま学校を卒業。そのままIT業界へ就職が決まったけど、これからやっていけるか悩んでいる人への後押しになればと思い、書いたものです。

僕の実体験での話ですが、就職のために専門学校のITコースを移動して、一年間プログラミング(主にC言語)を勉強しましたが、ずっとできませんでした。

どのくらいできなかったかというと、プログラミングの初歩の初歩です。

いわゆる「文字を出力する」こともよく分かりませんでした。というか、よく就職できたなと今でも思うレベルです。

そんな僕が独立系のIT会社に就職し、C言語メインで3年半働き、今ではHTML、CSS、PHP、Javascriptなどの言語がある程度わかるようになりました。

じゃあ、僕は3年半の働きの中で、今だったらこれやっといたら、もっとレベルアップして、しんどいと悩む時期も短かっただろうなとと思うことについて、お伝えします。

僕の実体験に基づく解釈なので、人によっては合わないかもしれません。ただ、僕のようにプログラミングがまったくできない初心者の方にはオススメできるものです。

未経験関係なし!プログラミングできなくてもIT業界でやっていける

結論から言うと、未経験であっても、プログラミングが今書けなくても、全く問題ありませんでした。

過去の自分
過去の自分
就職したIT会社の研修が充実してたから?
未来の自分
未来の自分
研修は充実していたけど、内容はビジネスメールや社会人としてのマナーや態度がメインだったよ。実務に関係するようなプログラミングはまったく無かったんだ。

だから、「現場に入って0から学ぶ」ところからのスタートだったよ。

僕の同期は10名くらいいたのですが、実力で言えばダントツビリ。なんせ、文字出力すらできないレベル。もはや話になりません。

全くプログラミングもできないし、上司からプログラミング系の専門書を貰っても、チンプンカンプンで、本を押入れの中で温める日々。

このままではヤバイと思いつつも、どうすればできるようになるのか突破口を見出せずに、ヌルッと生きて2年間が過ぎました。

IT業界への就職!プログラミングができなくても意識したら変わる5つのポイント

そんな日々を過ごしてきた僕だからこそ、過去の僕と同じように悩んでいる方へアドバイスするとしたら、以下の5つです。

“5つのアドバイス”
  1. プログラミングやることよりも全体像を理解すること
  2. WEBサービスを使ってゲーム感覚で学ぶこと
  3. プログラミング系の本を買うよりも身近な天才に聞くこと
  4. 自分の中の理想の作りたい!をやってみること
  5. うまくできない自分を責めずに、ひたすら実践すること

プログラミングやることよりも全体像を理解すること

未来の自分
未来の自分
あのときに知っていたらと思うのは、どんな勉強や仕事であれ、最短で覚えるためには「全体像を把握して詳細へ落とし込んでいく」ことが大事ってことだね。
過去の自分
過去の自分
全体像?
未来の自分
未来の自分
そうそう。全体像さえ網羅できれば、あとは詳細な部分で自分に足りてないところを埋めていけばいいから。

地図と同じような考え方ですね。全体像がわかっていたら、東京に向かうにはどっちに進めばいいかという方向性がわかります。

方向性がわかったら、じゃあどのルートで行こうか、車で行こうか?自転車で行こうか?と考えることができるよ。

過去の自分
過去の自分
たしかに。全体像さえ押さえればそんなに難しくないような気もする。
未来の自分
未来の自分
僕の場合は、全体像→詳細とは逆の流れで、詳細に当たるプログラミングにこだわっていました。

今やっていることが、プロジェクトのどの部分を担っていて、どういう目的で作ろうとしているのか、全くわからなかった。

だから、できないことが多すぎて、面白くないなと感じる日々を過ごしてしまったよね。

ほとんどIT系の開発現場だと、仕様書や設計書がないことがほとんどなので、未経験・ど素人の人が全体像を把握するのは、正直難しいと思います。

そういう時は、上司に「今担当している場所は、どういう目的で作っていんですか?」「プロジェクト中のどういう役割を担っているんですか?」

といった質問をして、まずは全体がどうなっているのかを把握してしまいましょう。

WEBサービスを使ってゲーム感覚で学ぶこと

未来の自分
未来の自分
僕がプログラミングができるようになったきっかけは、あだ名が「博士」と呼ばれる先輩に「テトリスを作ってみよう」とアドバイスをもらったから。

「めんどくさいな〜」と思いつつも、「このままではヤバイかも」という思いがあったので、実際にテトリスを作ってみたんです。

そしたら「プログラムってこういう風に動くんだ!」といったことが分かってきたし、徐々に論理的に考える力もついていきました。

過去の自分
過去の自分
ゲーム感覚で学べると、たしかに楽しそうだし、どんどんやっちゃいそう!本でプログラミングを理解しようとすると、言葉が難しくて本当に分からなくなるから、それいいかも!
未来の自分
未来の自分
仕事だとソースコードを書くのも、細かいルールが沢山あるし、人の書いたソースコードを理解するのも大変だから混乱しちゃうよね。正直、当時の僕はそれが苦痛でしかなく、全く楽しめなかったよ。

だからゲーム感覚で学べることをやって、地道に経験値を積むのがいいかな。

できるようになるためには、絶対に「楽しい!」という感覚が必要だと思います。

未来の自分
未来の自分
今ではたくさんのウェブサービスがあるので、「楽しい!」ってなるきっかけを作りやすいよ。
過去の自分
過去の自分
どんなのがオススメなの?
未来の自分
未来の自分
僕が最近使っているものだと、以下の2つだね。
  • Progate:最初に完成系のプログラムが見れ、どういうものを作るのかがわかりやすいです。RPGのようにレッスンをこなすほど、経験値がもらえ、レベルもどんどん上がっていくので、ついつい毎日やってしまいたくなるほど。

    レッスン内容も1レッスンあたりが簡単で、全く知識・経験がない方がやりやすいサービスだと思います。

  • ドットインストール:動画講義がメインです。動画も時間が3分くらいで見やすいです。メールで都度レッスン状況など通知してくれるので、やってなかった時に気付きやすいし、無料プランでもかなりのものを実践できるので、オススメです。
未来の自分
未来の自分
個人的には、Progateで基礎を学んで、ドットインストールで復習する形で進めていくのが、覚えやすいかなという印象です。

今はサービスもたくさんあるので、もっと自分にあった方法や、学びやすいサービスがあるかもしれませんが、参考までに。

プログラミング系の本を買うよりも身近な天才に聞くこと

未来の自分
未来の自分
プログラミング系の本は、僕と同じようなプログラミングができない初心者にはまったく向かないから、買わないほうがいいよ。

ほとんど専門書だから金額も高いし、用語がよく分からないとか基礎ができてない状態だと、買ったあと全然読まないから笑

過去の自分
過去の自分
買って満足しちゃうんだね。
未来の自分
未来の自分
そうそう。本を買うよりも身近な天才に聞く方が圧倒的に早いよ。

もし近くにいない場合は、今の時代だったら・・・
TechAcademy [テックアカデミー]

TECH::CAMP(エンジニアスクール)がオススメかな。

TechAcademy [テックアカデミー]

TechAcademy [テックアカデミー]は、

  • オンラインで全て学べるから時間と場所を気にしなくていい
  • 現役のプロのマンツーマンサポートで短期間で成長できる
  • 無料体験があるから、向き不向きを事前に確認できる

のでオススメです。

TECH::CAMP(エンジニアスクール)

TECH::CAMP(エンジニアスクール)は、

  • 月額14,800円で最新の技術を学び放題
  • 自分のペースで学習を進められて、チャットなどで質問もできるから安心。
  • 無料体験会があるから、向き不向きを事前に確認できる
  • プログラミングだけでなくデザインも学べる

のでオススメです。

これらのメンターがいるプログラミングスクールを試しに受けてみるのは、本を買って自分で理解するよりも、圧倒的な速度で学んで、成長していけるのでオススメです。

自分の中の理想の作りたい!をやってみること

「こういうの作ってみたいな〜」という理想を持ち、実際にやってみることが大事です。

理想があったほうが、モチベーションが続きやすいし、実際にやってみることで、自分に何が足りてないのかが見えてきます。

僕の場合は「ホームページを作れるようになりたい」というところからスタートして、実際に手を動かしてみて、htmlやcssもどういう風に動くのかなどを理解することができました。

そういう理想がないよ〜という人は、とにかく実践!手を動かすことに集中してください。Progateでめっちゃレベル上げしたろっ!くらいの感覚で、ゴリゴリ実践する。

すると、徐々に自分の中に情報が溜まってきて、「こういうの作ってみたいな〜」という理想が出てきやすくなります。

うまくできない自分を責めずに、ひたすら実践すること

なかなかうまくいかないことがあっても自分を責めないことです。

自分を責めれば責めるほど、モチベーションが下がり、実践回数がどんどん減ってしまうからです。

僕は出来が悪かったので、割と簡単なプログラムのテトリスを作るのに3週間くらいかかっていました。

ですが、1日5分でも実践を繰り返していくうちに、うまくいかないことを解決するにはどうしたらいいんだろう?というアンテナが立って、自分から検索して調べたり、行動に変化が出てきました。

だから、自分を責めずにひたすら実践することが大切です。

最初は誰だって未経験者。スキルは時間が解決してくれる。

誰だって未経験な分野に挑戦するのは、不安です。

ですがIT業界に限らず、転職回数ざっと10回以上の僕が言えるのは、「最短3ヶ月〜1年くらいでその環境に慣れます」ってことです。

むしろ就職が決まった段階で、その会社は現在の能力だけでなく、伸びしろにも期待しているはずです。なので、入社後に伸ばせばいい話です。

今はWEBサービスも充実していて、専門書を買うよりも、まず基礎をネットで学んで、現場で使ってみて、またネットで足りない部分を補足していけばいいです。

専門書は読むのにすごくエネルギーを使う(金額も高いし読むのに時間もかかる)ので、基礎知識がある程度ついて、もっと深めたい時に本を買えばいいと思います。

というわけで、以上です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です