ページ速度

【初心者のサイト改善】プラグイン「EWWW Image Optimizer」の設定方法と使い方

WordPressでブログ記事をたくさん投稿していくと、ある問題が起きます。

それは「画像ファイルのせいで、サイトの表示速度が遅くなってしまう」という問題です。

なぜなら投稿すればするほど、画像の枚数が増え、容量がかさんでいくからです。

サイトの表示速度が遅くなると、訪問者にとって使い勝手の悪いサイトになり、離脱率も増えてしまいます。

そんなとき役に立つのが、画像のサイズを圧縮してくれる「EWWW Image Optimizer」というプラグインです。

このプラグインを使うと「画像サイズを圧縮でき、サイトの表示速度が速くなります。

そこで今回は、WEBサイトやブログを表示する速さを改善するためのプラグイン「EWWW Image Optimizer」の設定方法と使い方について解説します。

EWWW Image Optimizer とは

EWWW Image Optimizerとは、アップロードしたら自動で画像サイズを劣化させずに、圧縮してくれるプラグインです。

もしもあなたが過去の僕と同じように

過去の自分
過去の自分
記事の読み込み時間が長くなった気がする。

それに最近サイトが重たくて、なかなか表示されないこともある。

なんでだろう?

と感じていたなら、ぜひ使ってみましょう。

このプラグインを使えば、画像ファイルのサイズを削減して、サイトの表示速度を上げられるからです。

EWWW Image Optimizerの特徴

プラグイン「EWWW Image Optimizer」には、以下のような特徴があります。

  • 日本語に対応している
  • 誰でも無料で使える
  • 新しい画像をアップロードすると自動で画像を圧縮してくれる
  • すでにアップロードしている画像も一括で圧縮できる

こういった特徴があるため、初心者に優しくオススメなプラグインです。

EWWW Image Optimizerをインストールする前の注意点

このプラグインの注意点は特にありません。

プラグインをさらに有効活用したい方は、

EWWW_Image_Optimizer
【初心者のサイト改善】プラグイン「EWWW Image Optimizer」の設定方法と使い方WordPressでブログ記事をたくさん投稿していくと、ある問題が起きます。 それは「画像ファイルのせいで、サイトの表示速度が遅く...

こちらの項目から実践して、プラグインをインストールしてみてください。

EWWW Image Optimizerをインストールする

それでは早速インストールしてみましょう。

まずはWordPressの管理画面にログインします。


「プラグイン→新規追加」をクリックします。

プラグイン→新規追加をクリックする

右上の検索窓に「EWWW Image Optimizer」と入力します。

キーワードに「EWWW Image Optimizer」を入力する

「今すぐインストール」をクリックします。

いますぐインストールをクリックする

「有効化」をクリックします。

有効化をクリックする

プラグインを追加するときは、以下の注意点に気をつけてください。

「EWWW Image Optimizer」と検索すると、

  • EWWW Image Optimizer
  • EWWW Image Optimizer cloud

が出てきます。

今回利用するのは、「EWWW Image Optimizer」です。

理由は、設定画面が日本語表記なので使いやすいからです。

また、2つを同時に使うことはできません。

EWWW Image Optimizer の設定方法

管理画面の左メニューの「設定」の中に追加された「 EWWW Image Optimizer 」をクリックします。

設定→EWWW-Image-Optimizerをクリックする

すると以下の画像のような詳細設定の画面が表示されます。

EWWW-Image-Optimizerの管理画面

項目がたくさんありますが、ここで設定する項目は、以下の2つだけです。

  • Basic(基本設定)
  • Convert(変換設定)

Basic(基本設定)

「Remove Metadata」という項目にチェックを入れて保存します。

Remove_Metadataにチェックを入れる

ここにチェックを入れると、画像のメタデータを削除できます。

不要なデータが削減されるため、画像のファイルサイズを小さくできるのです。

【What’s 画像のメタデータ】

撮影場所やカメラ情報などを含む情報が記載されているデータのこと

Convert(変換設定)

「コンバージョンリンクを非表示」という項目にチェックを入れて保存します。

コンバージョンリンクを表示にチェックを入れる


「コンバージョンリンクを非表示」という項目にチェックを入れないと自動的に

  • png→jpg
  • jpg→png

へ変換してしまいます。


画像の拡張子が変わると画質が悪くなることもあるので、必ずチェックしましょう。

EWWW Image Optimizer の基本的な使い方

新規画像を自動で圧縮する

EWWW Image Optimizer は、新しい画像をアップロードすると自動で圧縮してくれます。

実際にどのくらい圧縮されたのかは、左メニューの「メディア → ライブラリ」の画像一覧画面で確認できます。

新規追加で自動的に画像を圧縮する

既存の画像を一括で圧縮する

EWWW Image Optimizer は、過去にアップした画像もまとめて圧縮できます。

左メニューより「メディア → 一括最適化」をクリックします。

メディア→一括最適化

「最適化されていない画像をスキャンする」をクリックします。

最適化されていない画像をスキャンするをクリックする

「最適化を開始」をクリックします。

最適化を開始をクリックする

すると画像が一括で最適化されます。

最適化が開始される

以下の画像のような画面が出れば、一括での圧縮は完了です。

最適化が完了する

EWWW Image Optimizerをさらに有効活用する画像を圧縮する方法

「EWWW Image Optimizer」をさらに有効活用して、画像を圧縮する方法があります。

その方法とは、WordPressに画像をアップする前に、画像圧縮サイトを使って事前に画像の容量を削減しておくことです。

そこでオススメしているのが「tinypng」というパンダが目印の画像圧縮サイトです。

初心者に優しく「ドラッグ&ドロップ」するだけのカンタン操作で、画像の劣化もほぼなく、圧倒的に画像サイズを削減できます。

tinypngでの圧縮方法は、以下の記事で解説しています。

tinypng
【初心者のサイト改善】画像サイズや容量を圧縮するtinypngの使い方を解説最近ページの読み込み速度が遅いと感じていませんか?それは画像のサイズが原因かも。この記事では画像のサイズを圧縮して容量を減らし、ページ速度改善するために使える「tinypng」の使い方について解説しています。...

ぜひ活用してみてください。

まとめ

画像の容量を圧縮すると、サイトのページ表示速度が速くなります。

サイトの表示速度を上げる方法は様々ありますが、今回ご紹介した方法はプログラムができない初心者でもカンタンにできます。

表示速度が上がるほど、訪問者が快適に使えるし、SEO的にも好印象を与えるサイトになるので、ぜひ活用しましょう。

過去の自分
過去の自分
自分のサイトの表示速度ってどのくらいなんだろう?

と気になる方は、グーグルが提供している「PageSpeed Insights」を使って診断してみましょう。

以下の記事で分析ツールの使い方と改善方法を解説していますので、ぜひ参考にされてみてください。

ページスピードインサイトの使い方
【初心者のサイト改善】PageSpeed Insightsの使い方・項目の意味・改善方法まとめサイトのページ表示速度が遅いと感じたら、PageSpeed Insightsでサイトやブログを分析しましょう。この記事ではPageSpeed Insightsの使い方と、各項目の意味について解説しています。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です