理解力を高める

事前準備が全て!理解力や吸収力を上げるための心構えについて解説

この記事では、コミュニティやセミナー・勉強会に参加したときに、理解力や吸収力を上げるための事前準備について解説します。

過去の自分
過去の自分
今まで事前準備なんて考えたことなかった。どういうことに気をつければいいのかな?

理解力や吸収力を上げるための事前準備には3つのポイントがあります。

未来の自分
未来の自分
今まで意識していなかった、3つのポイントを意識し直すだけでも、理解力や吸収力が上がり、今よりももっと成長スピードが早い自分になれるはずです。

じゃあどういったポイントに気をつければいいのか?

それを見ていきましょう。

理解力を高める事前準備(心構え)の3つのポイント

理解力や吸収力を上げるために一番大事なことが「心構え(事前準備)」です。

心構え(事前準備)には、3つのポイントがあります。

事前準備3つのポイント
  1. 目的を絞り込む
  2. 参加者になる
  3. 負荷をかける

この3つのポイントを抑えているかいないかで、結果に繋がるか結果に繋がらないかの、どちらのパターンに落ちるか決まってしまいます。

【ポイント1】:理解力を高めるために、目的を絞り込む

心構え(事前準備)で大事な1つ目のポイントは、「目的を絞り込む」ことです。

なぜなら、目的を絞らないと全部持ち帰ろうとして、パンクしてしまうからです。

例えばグーグル検索で、「ダイエット」と検索すると沢山の情報が出てきます。

その情報の中から、自分に必要なことを選別しようとする莫大な時間と労力がかかるし、調べていくうちに何をしたかったのかがずれてきます。

逆に、「ダイエット お腹周り 自宅 トレーニング」という風に具体的に絞ることで、自分にとって必要な情報だけ見つけられて、すぐに実践ができます。

だから目的を絞ってフィルターをかけ、すぐに実践できる情報だけにフォーカスすることが大切です。

なんとなく楽しそうだからという理由で参加した人と、成長するためのすぐ実践できる情報がほしいから参加したという目的を持っている人とでは、どちらが理解力や吸収力が高いかは一目瞭然です。

目的を持っている人は、何がほしいのか明確なので、自分に必要なポイントだけ記憶に強く残りやすいので、持ち帰ることができます。
 
じゃあどうやって目的を絞り込むのか?

それは

今日から実践

なぜやるのか?を明確にして、具体的なシチュエーションにまで落とし込むこと

具体的なシチュエーションに落とし込むためには

  • この後すぐに使うためにどうしたらいい?
  • 明日から即実践するために必要なのはなんだろう?

といった感じで、具体的にいつ・どこで・誰の・何を解決するために使うのかを考えること。

です。

すると、実践するために必要な情報を探すアンテナが立ちます。綿菓子の芯に綿あめが付いていくように、必要な情報が集まってくるカラーバス効果が起きます。

【ポイント2】:理解力を高めるために、参加者になる

心構え(事前準備)で大事な2つ目のポイントは、「参加者になる」ことです。

なぜなら、傍観者のままでは聞く耳がない状態なので、話が全く入ってこないからです。

じゃあどうやって参加者になるのか?

それは

今日から実践

バカになること

バカになるためには

  • 最前列に座る
  • 質問をつもりで聞く
  • 相手の話に頷く
  • その場を楽しむ
  • ワークを積極的に実践する
  • 手を上げる

という行動を実践すること

です。

すると聞く耳をもつ状態に切り替わり、より理解力や吸収力を高めることができます。

特に最前列にいくのはオススメです。

なぜなら、最前列にはモチベーションが高い人が多く、良い出会いに恵まれる機会が高くなるからです。

【ポイント3】:理解力を高めるために、負荷をかける

心構え(事前準備)で大事な3つ目のポイントは、「負荷をかける」ことです。

なぜなら、自分に負荷をかけることで、勿体無いし絶対取り返すという気持ちが芽生え、集中して学びを受ける心構えができるからです。

じゃあどうやって負荷をかけるのか?

それは

今日から実践


以下の5つの要素の、どこか1つでも負荷を大きくすること

  • お金
  • 時間
  • 労力
  • 仲間の力

以上の5つのどれか1つでも負荷が大きいほど、学びのレバレッジが大きくなります。

例えば、地方から参加している人と、近所から参加している人とでは負荷が全然違います。

地方の人はその場に行くために、お金、時間、労力がかなりかかっています。でも近所の人だと、地方から参加している人に比べて負荷が少ないです。

芸能のオーディションでも、近くの人より遠方から来ている方のほうが、オーディションに受かるために仕上げてきている人が多かったですね。

なので、負荷をかけることを意識してみましょう。

理解力が高まらない一番のダメパターン

実は一番ダメなパターンがあります。それは「目的がとりあえず参加すること」になっている時です。

なぜなら、参加すると目的が達成できてしまい、大切な学びを得られないままになってしまうからです。 

目的が「参加すること」になっていないか確認しましょう。

もし参加することになっているなら、目的を変える、または時間もお金も勿体無いので、そもそも参加しないという選択をしてもいいでしょう。

理解力や吸収力を高めるための心構えまとめ

コミュニティやセミナー・勉強会に参加したときに、理解力や吸収力を上げるためには、事前準備が大切で、3つのポイントがあると紹介しました。

3つのポイント
  1. 目的を絞り込む
  2. 参加者になる
  3. 負荷をかける

この3つのポイントは、狙い(フォーカス)を定めて、目的意識を持ち、集中力とモチベーションを高め、学びが入ってくる状態にして、楽しみでしょうがない自分を作るためのものです。

いきなり3つを同時に意識するのは、難しいと思います。

習慣化していくと徐々にできるようになっていくので、そんな時は

これだけ実践

なぜやるのか?を明確にして(目的を絞り込み)、具体的なシチュエーションにまで落とし込むこと

から始めましょう。

目的を絞り込むことでアンテナが立ち、必要な情報が集まってくるようになります。そしてその情報に気づける自分に近づいていきますから。

↓ 続きの記事はコチラ ↓

退屈に感じたら赤信号!理解力や吸収力を上げるための意識の変え方について解説この記事では、コミュニティやセミナー・勉強会の受講中に、理解力や吸収力を上げるためのポイントについて解説します。...

↓ まとめ記事はコチラ ↓

理解力や吸収力を高めたい方へ!高めるための秘訣を解説 この記事は、勉強会やセミナー・学校の授業などで、吸収力や理解力をあげたいと思っている方のお役に立てたらと思い、書いた...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です