習慣の作り方

やる気がでなくて行動できない時は、3つのやる気の素でモチベーションを上げることが大事

やる気やモチベーションを上げるには、環境をつくることが大事という話を以下の記事でしました。

【3つの視点で改善】モチベーションややる気を上げる方法この記事では、やる気やモチベーションを高めて、成長を加速させる3つの視点について紹介します。...

今日の記事は、やる気やモチベーションを上げるための続きの記事です。

すぐにやる気になったり、モチベーションが上がるために必要な「3つのやる気の素」について解説します。

モチベーションを高める3つのやる気の素

モチベーションを上げるには、着火剤となる「やる気の素」が必要です。

やる気の素のなかから、どれを使うかによって、行動するスピード感や質、成果、継続期間が変わってきます

モチベーションを上げるやる気の素は、3つあります。

3つのやる気の素
  1. ムチ
  2. アメ
  3. ユメ

モチベーションレベル1.0:ムチとは

過去の自分
過去の自分
ムチって、痛そうだね。
未来の自分
未来の自分
ムチは、罰金や罰則、罰ゲームといった「自分への罰」のこと。

人は罰を受けたくないから、身の危険が迫るほど、瞬間的なやる気は上がるよ。漫画の闇金ウシジマ君とか読んだら、よく分かると思うよ(笑)

ただ、即効性が高いんだけど、効果の持続性は圧倒的に短いんだ。

過去の自分
過去の自分
なるほど。。。ずっと罰を受け続けてると、嫌になっちゃうね。
未来の自分
未来の自分
そうそう。しかも「罰を受けたくないからやる」って感じで、惰性で行動するから、質や成果といったパフォーマンスは最低ラインになりがち。
過去の自分
過去の自分
確かに。学校の宿題みたいで、いやいややっちゃうかも。とりあえず空欄を埋めとけばいいやって感じ。
未来の自分
未来の自分
そうだね。人はそんなに強くないから、罰のやりすぎには注意が必要なんだ。常に罰がある状態が続くと、、、
  • 精神的に病む(鬱になる)
  • 体調を壊す
  • 燃え尽きる
未来の自分
未来の自分
あくまで、自分に弾みをつけて、ターゲット行動を実践していくためのものだから、罰のやりすぎには注意してね。

モチベーションレベル2.0:アメとは

過去の自分
過去の自分
アメは、ご褒美のことかな?
未来の自分
未来の自分
そうそう。アメは、賞与やボーナスといった「自分へのご褒美」のこと。

ご褒美があると人のやる気は上がりやすいけど、やる気の火がつく速度は遅いかな。

過去の自分
過去の自分
確かに。ご褒美あるとやる気が出てくるかも。
未来の自分
未来の自分
そうだね。「ご褒美がもらえる」ので行動力は高く、質や成果といったパフォーマンスも最大を目指す。ただ、効果の持続性は短期間で終わってしまいがち。
過去の自分
過去の自分
なんでなの?
未来の自分
未来の自分
それはね、達成できたとき、与えるアメがどんどん高価な物や、価値あるものにしていかないと、モチベーションが上がらなくなってしまうから。
過去の自分
過去の自分
そっか。たしかにご褒美が弱いとモチベーション上がらないな〜
未来の自分
未来の自分
でしょ。アメ(ご褒美)には、キリがないんだよね。しかも・・・

アメ目当てでやっていると、自分の望もものが得られなくなったとき、やる気が急に下がったり、行動が止まってしまいます。

未来の自分
未来の自分
本当にキリがないので、お金も時間も浪費しないように注意が必要だよ!

モチベーションレベル3.0:ユメとは

過去の自分
過去の自分
ユメは確かにモチベーション高いよね。
未来の自分
未来の自分
そうだね。夢や目標といった「自己実現」のこと。

ただ、夢はやる気があがるまで、ものすごく時間がかかるんだよね。

でもモチベーションがユメに移行すると、人は無限大のパフォーマンスを発揮しようとするよ。

過去の自分
過去の自分
たしかに、ユメのためなら頑張れそうだ。
未来の自分
未来の自分
でしょ。スイッチが完全に入ると、まるでオリンピック選手のように、できるまで、叶えるまでやる状態になるよ。この状態になると、もうムチ・アメがなくても、歯磨きと同じようにやらないと気持ち悪いから、やり続ける。

外的テンションと内的モチベーション

過去の自分
過去の自分
外的テンションと、内的モチベーションってなに?
未来の自分
未来の自分
外的テンションはムチとアメ、内的モチベーションはユメのことだよ。

ムチとアメは、罰則やご褒美といった、自分の外からの影響を受けて行動するためのものです。テンションに近く、瞬間的で、エネルギーも有限です。

でも、ユメは自分に影響を与えて行動するためのものです。モチベーションなので、持続的で、無限のエネルギーが働きます。

なので、

いかに「LV1.ムチ→LV2.アメ」の瞬間的で有限なエネルギーを、「LV3.ユメ」の持続的で無限のエネルギーへと切り替えていけるか

ということが、モチベーション・やる気を上げるポイントになってきます。

モチベーションレベルをシフトさせていく

ターゲット行動(やりたいと思っている習慣)に弾みをつけていくために、「LV1.ムチ→LV2.アメ→LV3.ユメ」の順番で、少しずつモチベーションレベルを切り替えていくのが一番オススメです。

モチベーションレベル1.0:ムチでやること

LV.1のムチでは、ターゲット行動(やりたいと思っている習慣)を実践できなかったときにやる罰を考えてみましょう。

例えば、以下のようなリストを作っておくといいでしょう。

  1. やりたくないことリスト
  2. 罰ゲームリスト
  3. 禁止リスト
  4. 意味ないことリスト

「できなかったら1週間禁止」といった、自分の行動を抑制するような罰ゲームだけつくるのは、オススメしません。

ときには、定期券を持ってるのに切符を購入させたりといった、無駄に意味ないことを自分にさせるのもオススメです。

未来の自分
未来の自分
「なんでこんな無駄なことをやってんだろ」と、自分に不甲斐なさを感じるから、ジワジワ効いてくるよ。

こんな無駄なことやるなら、とっととターゲット行動(やりたいと思っている習慣)をやった方がいいわってなります。

モチベーションレベル2.0:アメでやること

LV.2のアメでは、ターゲット行動(やりたいと思っている習慣)を実践できたときの、ご褒美を考えてみましょう。

ここまでできたら、幸せのパンケーキを食べるとか、ゴディバのチョコレートとかを自分にプレゼントとか、ビールを飲んでいいとかそういったものです。

そのためには、自分にご褒美するようの「ご褒美貯金」を用意するのをオススメします。

ポイントは、給与が入ったらすぐに口座に入れ、積み立て貯金として用意しておくこと。

もしくはかんたんに開けられない貯金箱でも大丈夫です。

未来の自分
未来の自分
ご褒美貯金で、自分にご褒美を与えていこう!

モチベーションレベル3.0:ユメでやること

どんどん実践して、できること・仲間も増えていくと、もっと「こういうことやりたいな」というユメが出てきます。

ただユメで注意しておいたほうがいいことがあります。

ユメは叶ってしまうと、急激にモチベーションが下がってしまうことがあります。

なので設定するなら、生涯をかけて叶うかどうかくらいの、壮大な夢やテーマを設定しましょう。

未来の自分
未来の自分
「こんなこと言っていいのかな?笑われないかな?ムフフ」ってなるくらいの夢やテーマを設定するのがオススメ!

このような感じで、なかなかやる気が上がらないときは、「LV1.ムチ→LV2.アメ→LV3.ユメ」の順番で、少しずつ自分に弾みをつけていきましょう。

モチベーションをさらに高める「仲間&宣言」

仲間と宣言があると、さらにやる気があがる環境を作りやすいです。

というか、スタート時点で仲間と宣言ができると最高です。

未来の自分
未来の自分
仲間がいるだけで、「LV1.ムチ」と「LV2.アメ」はすっ飛ばせるようなもんです。

仲間がいると、その仲間が頑張っている姿に感化され、自分も同じように結果を出したいと思う、行動するためのきっかけが作れるからです。

とはいっても仲間なら誰でも良いわけじゃありません。

できる限り、仲間は同じ志を持っている方がオススメです。

なぜなら普段何気なく生活していると、どんどんモチベーションややる気は下がっていく一方だからです。

そんなときに、同じ志を持つモチベーションの高い人たちがいる場に参加したり、尊敬している人と会って話すことで、消えかけた火に薪をくべるように、自分のやる気に火をつけることができます。

また、仲間に「僕はこれをやります!」と、宣言(コミット)することも大事です。

周りの仲間に宣言(コミット)することで、自分の甘えに逃げてしまう状況を断つことができます。

「仲間に言った以上はやらないと!」といった一貫性の法則が働くし、自分が宣言(コミット)したことを仲間が監視役として見守ってくれたり、逆に押し上げてくれたりします。

仲間がいると、LV.1のムチで使うやりたくないことリストが有効活用できます。

なぜなら、自分がターゲット行動(やりたいと思っている習慣)を失敗した事例を仲間に共有できるからです。

すると、自分は失敗したけど、仲間にとっては失敗しないための事例の1つになり、役に立つことにつながります。

自分がダメージ受けたど、仲間はダメージ避けられて感謝!という感じですね。

まとめ

モチベーションややる気の素
モチベーション上げるには、やる気の素が必要で、やる気の素は以下の3つ。

3つのやる気の素
  1. ムチ
  2. アメ
  3. ユメ

そして、上記にプラスして「仲間」と「宣言」があると良いとお伝えしました。

特に仲間がいるというのはとても大きなことです。人は一人だとどうしても自分に甘くなってしまいます。

そんなときに感化して背中を押してくれたり、行動で一歩先を示してくれたり、ときには厳しい指摘をしてくれる。

そんな仲間がいると、自分のやる気の火を消すことなく、ターゲット行動(やりたいと思っている習慣)を実践していけます。

ただ高い志を持ち、モチベーション高く活動する仲間と出会うためには、お金や時間、自分自身の成長が必要になってくるものです。

だからそんな時こそ、いつか出会う仲間のために

今日から実践

やりたくないこと、罰ゲームリストを作って、やってみて、仲間に共有するための失敗事例を作っておく

ことをオススメします。

この記事が、少しでもやる気スイッチが入るキッカケになれたり、新しいことへ一歩踏み出すキッカケになれたら、幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です