未分類

感情レベルは3段階ある。心の成熟度により行動パターンが丸わかりだ

人間の人生は考えた事と行動したこと
この集大成で今の自分が出来ており
これから先もそれで繋がって行く

人間の中で、感情、言葉、思考、行動、時間など
色んな物をコントロール出来るように見せているが
実はシンプルに考えると、行動と思考しか制御することが出来ない。

感情は思考でイメージしたフィルターによる反応だけ。
受け取ることしかできない。

その為、いきなり号泣して、激怒してといってもできない。
もし、やるのであれば情景をイメージして何度も何度もプログラムを呼び起こし
その気持ちにならなければ怒れない。

思考と行動で成り立っているが
相手に対してなのか自分に対してなのか

相手とは人、物どちらにも当てはまる。
そしてそれぞれ必要な物(システム、マインド、スキル、ナレッジ)が揃っていると
スムーズに人生(思考・行動)が進む。

どこが該当しているのかといったら、
自分に対して認めることができない=マインド(考え方・視点)が固定されている。
自分に対して動かせない=システム(仕組み・記録・環境)に頼っていない=根性・記憶に頼っている。
相手に対して理解が出来ない=ナレッジ(知識)が無いため、相手のことをよくわかっていないから。
相手に対して行動させることが出来ない=スキル(能力)、相手の事を理解して共感して引き出し提案してあげる必要があり、高い能力が必要。

何故なら、マインドは自己承認。自分を認めてワクワクした状態で人と接したら気持ちいい
自分の動かし方も潜在意識を使って喜ばせて進むやり方を知っているので上手くいく。
人間は気持ちいい事でもっと気持ちよくなりたいというプログラムでどんどんナレッジを深め、スキルがついていく。

▼マインド(自己承認)
感情の前向きな人、自信のある人、ポジティブな人など色々あるが、
人には感情レベルというものがある。

感情レベルは3つの段階がある。
感情レベルを知っていないとどこに向かえばいいかわからない。

・感情レベル1.0 = 子供
特徴:本能で生きている人
欲しい物:お金、物、住居、ブランド、権力、名声、他人の評価
困った時:怒る、泣く、逃げる
感情:外的要因に左右される
※本能で生きている人は太陽属性
安定しない。お金が無くなったら不安になる
いつも○○があれば幸せなのにとか言っている。
際限が無いので、いつまでたっても幸せになれない
生存・安全欲求

・感情レベル2.0 = 大人
特徴:自制心で生きている人
欲しい物:自己承認、やりがい、自己成長
困った時:解決する、燃えてくる
感情:自分で制御できる(幸せは自分の心が決める)
※自制心で生きている人は地球属性
自己実現欲求

・感情レベル3.0 = 仙人
特徴:悟りの境地の人
欲しい物:他者、周囲の幸せ
困った時:感謝する
感情:あるがまま受け取る、全てが喜び(良いも悪いもない)
※悟りの境地の人は月属性
常時クリアリング状態、4カメで生きている人(他人事なんだけど自分ごと)
自分のことは他人事で見ている。他人の事は自分事で見ている。

自分で喜びに転換できるのであれば今の時点で何が起きても幸せ。
小さな幸せ、喜びに気づける感性の豊さがないと
問題が起きた時に、気づくのが本能の人
何でも無い時に、気づくのが自制心の人

感性豊か
→水がでるのは当たり前ではない。多くの人が苦労して気づき上げたライフラインの上でなりたっている。そのようなサービスを月額3000円くらいで使い放題である。これは異常なこと。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です