意識を変える

対応力の差は手段のバリエーションと判断基準の豊富さで決まる

自分の中にある多様性をしること

手段が一つ二つで凹まない
自分の中に沢山の多様性を持っておく。
対応ができる。

自分の多様性を知る事
自分は「手段」を持つ事
選択肢とコマンド
△□×○(ノウハウ+マインド)
問題を解決できるようになる

相手の多様性を知る事
判断基準を持つ事(物差し)
壁・敵(モンスター)→個性をしること
△□×○
相手の問題が分解出来るようになる

どんなモンスターなのか
そのモンスターに対してどのコマンドを使うか
選択肢として種類がないと
問題認識も問題解決もできない

多様性をしると解決できるようになる。

モンスターの正体を知らないから戦うしかなかった。
ストレスで相手を拒絶するしかなかった。

人間関係で相手をしることが大事。
何で怒っているのかな?
何で伝わらないのかな?
全ては相手の壁・敵(モンスター)を知っていると解決出来る。

でも、相手のことを知っていても自分の中で
やり返すとか褒めるとか選択肢がなければ
相手のことを分かっても何も出来ない。
だから選択肢と壁どちらも知る必要がある。

人間関係のトラブルは相手に対して起きている問題のルール・メカニズムを知らない
もしくは、相手を褒めたり、感謝したりとか知らない

両方を持っていると、困ることはない。

メカニズムとルールだけでは個性に対応できない
生物全体に使う無色透明なもの
キャラクター・パーソナリティは個性豊かな人達
謙遜する人、とにかく威張りたい人色んな個性に対応するには
それぞれの特徴を理解する必要がある。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です