意識を変える

失敗は喜びのタネ。豊富な失敗経験だけが人の痛みを理解する優しさを育む

■失敗は貴重な喜びのタネ
———————————————————————————
失敗は、ほとんどの人にとって

「大嫌いなもの」であり
「怖くてやりたがらないもの」です。

私たちは、
「失敗」の正体を知り
正しく理解していないと

「失敗」に向き合えない
「失敗」と戦えない
「失敗」を受け入れられない

という連鎖にはまります。

「失敗」の正体を知り、
「失敗」を攻略していかない事には、
自分の理想の未来に進む事が出来ないのです。

失敗とは何か?
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
では、失敗の正体とは一体なのでしょうか?

失敗の正体を考え理解する為に
まず「成功」の反対について考えてみましょう。

「成功」の反対は、一体なんでしょうか?

「失敗」でしょうか?

実は「成功」の反対は
「何もしないこと」です。

私達は、現在地から前に進もうとする限り、
必ず壁に必ずぶつかります。

その壁に、ぶつからない唯一の方法が

「何もしないこと」です。

何もせずにいれば「壁」も現れることはありませんし
「壁」にぶつかって「失敗」することもありません。

では、壁(問題)がやってくるとはどういう状態なのでしょうか?
壁が現れるのはドラクエでバトルフィールドを歩いている時に
モンスターが出るくるようなものです。

壁と戦った結果、
「勝つ」か「負ける」かのどちらかしかありません。

壁と戦った結果、
私たちは

負けた(失敗) → 失敗しない為の「失敗法則」
勝った(成功) → 成功する為の「成功法則」

このどちらかを手に入れます。

成功法則・失敗法則どちらも大事なものですが
実は、その中でも失敗法則が成功法則よりも重要なのです。

■成功法則と失敗法則とは何か?
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
失敗法則が重要である理由を考える上で
まずは成功法則と失敗法則について説明します。

成功法則には「攻め」という意味があります。

ゲームで言えば、
・ゲームをクリアする方法
・一撃必殺で勝つ方法

と言えます。

逆に
失敗法則には「守り」の意味があります。

ゲームで言えば、
・ゲームオーバーにならない方法
・ダメージを食らわない方法

と言えます。

ここで考えてみましょう。
「成功法則」と「失敗法則」
どちらがより長い時間ゲームを楽しめるでしょうか?

ゲームを楽しむ上で大事なことは、
「ダメージを食らわないこと」です。

ダメージを食らわなければ、
何度も何度もゲームを楽しむことができます。

一撃必殺でクリアするよりも
ダメージを受けずに安定して結果を出せることのほうが大事なのです。

世の中には
・ゲームをクリアする方法
・一撃必殺で勝つ方法
と同じように成功法則の本が沢山ありますが
ほとんどの人はその本を読んでも、うまくいきません。

それは何故かというと、
「自分自身の土台が出来ていない」からです。

自分自身とのコミュニケーションが出来ていないと
エネルギー十分で、
物事に対して前向きで、
自己管理が出来て、
自分に余裕がある状態をつくれません。
精神的にも肉体的にも不安定な状態です。

精神的にも、肉体的にもいつも不安定な人が
他者を動かしたりすることは出来ないことと同じで

自分自身とのコミュニケーションが出来ていない状態では
失敗は「ありがたいもの」という風に
受け取ることが出来ずに失敗痛みや問題から逃げてしまい、
そのまま、どこかにいって戻ってこないのです。

壁が現れるのはイベントが発生したことと同じで
自分が発生した壁にぶつかり失敗を積むことは、
自分自身の「ネタ」が増えることにつながります。

そう考えると
失敗は「喜びのタネ」になります。

失敗は「喜びのタネ」とは
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

何故、失敗は「喜びのタネ」なのでしょうか?

失敗には、二つのメリットがあります。

・自分のコントロールが出来る
・自分自身が乗り越えた失敗を他の人に教えることが出来る

中期的目線→「コミュニケーションの達人の話→人の痛みを理解する」

そして、私たちが目指す
成功者やコミュニケーションの達人は
相手の気持ち・苦しみ・悩み・痛みを理解出来る能力がある人のことをいいます。

その成功者やコミュニケーションの達人になるには
全ての問題を解決できる4つの力である
・ナレッジ
・スキル
・システム
・マインド

だけでは足りません。

なぜならば、知識として知っているだけでは
相手の気持ち・苦しみ・悩み・痛みを理解出来ないからです。
経験している人にしか、相手が抱える本当の痛みはわからないんです。

だからこそ
・ナレッジ
・スキル
・システム
・マインド
に「人の痛みを理解すること」が必要なのです。

「人の痛みを理解すること」は
自分の体験から生まれる失敗経験を通して
真の優しさを育まむことに繋がります。

また、失敗は狙って出来るものではありません。

好んで人を怒らせたり
別れるために付き合ったり
離婚するために結婚したりする人はいません。

「失敗」は
顕在意識的には偶然にやってくるものであり
潜在意識的には必然にやってくるものです。

だからこそ、「失敗」は
「感謝」して受け取るべき「喜びのタネ」なのです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です