意識を変える

力関係を見抜く!12動物と5アニマルから行動パターンと人間関係を紐解く

太陽(ホットな人)、月(温かい人)、地球(クールな人)の3つをさらに細分化して
12匹の動物から誰かを特定出来るところまでお伝えしていきます。

この三つのグループがどういう風に分かれているかというと
人の行動基準を元に分かれています。

人が何を大事にして動くのか

月は、相手の状況を優先して動きます。
太陽、地球は自分の状況を優先して動きます。

そのスタンスとしては、
決めた通りに動かないと嫌な計画重視なのか
ノリとイキオイでやっていく状況重視なのか
の違いがある。

計画重視で自分優先の人の場合、とげとげしかったり、ぎすぎすしていたりする厳しそうな人が多い
自分の主義を主張して、ノリとイキオイでやる人は体育会系の人が多い
相手を優先して、状況に柔軟に対応する、いるだけ癒しな存在
相手を優先するんだけど、自分のこだわりを押し通したい、頑固者だけど表面は人に合わせているようなイメージになる。

相手優先で状況重視な人は、相手次第で動く→自分に信念があっても周りの空気に飲まれる→人格者になりたい
相手優先で計画重視な人は、相手の評価が気になる人→好かれたいから、親切にする人
自分優先で計画重視な人は、自分次第で動く→自分の野望に近づくなら一番な人
自分優先で状況重視な人は、世間の評価が気になる人→世間体を気にする・地位権力を求める

月=グー

■相手優先/状況重視(新月)
こじか
たぬき

・断れずについて行く人

■相手優先/計画重視(満月)
黒ひょう
ひつじ

・相手を立てつつ、断る人(頑固者)

太陽=パー

■自分優先/状況重視
チーター
ペガサス
ライオン
ゾウ

・世間の目を気にする人(飲み会で後輩におごる人)

地球=グー

■自分優先/計画重視



子守熊

・自分の信じる所に向かう人

三つのグループの力関係

月>地球
論理で説き伏せようとしても、頑固者だから人の気持ちを無視したようなものは聞かない

地球>太陽
論理で説き伏せられると、納得させられ反省してしまう。

太陽>月
こじか、たぬきは勢いある人に飲まれてついていってしまう

年上→年下
男性→女性

といった世間一般的な力関係にそっていればスムーズにグループの力関係が流れる。
コントロール出来る関係、そして天敵が分かる。
しかし、逆の場合はトラブルになりやすい。

年下→年上
女性→男性

例えば、年下がオラオラしている太陽属性の場合
年上の月属性は、横柄な太陽属性の態度にイライラしてしまう。

地球、太陽、月でなんとなく当たりを付ける
判断できない場合、次に行動基準をみる
結果にこだわる、計画にうるさい、自分勝手なのか、相手を思ってなのかを見て当たりを付ける

候補が12動物から4動物に絞られるだけで当たりをつけることが出来る。
絞り込んだ4つの動物のうち、どの動物なのかを絞り込む為の軸を次回お伝えする。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です