意識を変える

[スキル・マインド・ナレッジ・システム]で4つのストレス源を攻略せよ

人生に必要なものは4つしかない

・ナレッジ
・スキル
・マインド
・システム

▼ストレスの源
このストレスの源を克服できればポジティブな状態はキープできる。
自分に対してか、相手からの影響でしたストレスを感じることはない。
それが行動系なのか、思考系なのかだけの話

自分に対して、動かせないのか、
自分に対して、承認出来ない(認められない、理解できない、否定してしまう)
のどちらかしかない。

ストレスはこの4つだけ。

一番目は、自分を認めれないストレス。
二番目は、自分を動かせないストレス。
三番目は、相手を理解できないストレス。
四番目は、相手を動かせないストレス。

最初のストレスは、自分の頭で自分のことを理解することができない。
自己承認が足りていない状態。

次のストレスは、自己制御が出来ないこと(自分に対して思った通りに行動できない)
今月やると決めたのに、何でやる気がなくなってしまうんだとか。

相手が、自分を認めずに攻撃してくることに対して怒ってしまう。
相手のことを理解できなくて困る。相手のことを理解できれば受け入れることができる。
相手が自分を攻撃してくるのは、
相手の承認欲求がないから、自分のものを奪ってくるだけ。
辛くてしょうがないから、相手を攻撃して下げることによって満たされたいだけ。

もしくは、相手を動かすことが出来なくて悩む。
やってと言っているのにやらないとか。相手を制御できなくて腹が立つ。
自分を行動させられないないと相手を行動させられない。

▼4つのストレス源の解決策

相手から認められない=ナレッッジ(知識)不足
理由は、相手に対して十分な理解があれば、相手を認めることができる。例:本質にペガサスあるのか。思いつきならしょうがない。相手のことを理解できないから、イライラする。

自己承認出来ないは、高すぎるハードルのせいで、自分を認めることが出来ない。
高すぎるハードルを変えるには、「マインド(考え方・視点)」
考え方・視点を変えることで解決できる。

自分を思い通りに動かせないは、「システム(仕組み・環境・記録)」
気合い、根性、記憶に頼るから上手くいかない。
仕組み・環境・記録を創ることで解決できる。

相手の事が理解出来ないは、「ナレッジ(知識)」
相手を理解できれば、怒ることがない。
そのため、知識をがあれば解決できる。

相手を思い通りに動かせないは、「スキル(能力)」
相手を動かす為に営業力やプレゼン力といったスキルをつけることで解決できる。

この4つが成功に必要と言われている。
もう一つはネットワーク。
自分の出来ない事を他人にやってもらう。

自分の中に起きる問題は、この4つで解決できる。
行動系は時間が掛かるため、早くから取り組んでおかなければならない。
スキルは習慣化された無意識で使える能力。

行動(制御) 思考(承認)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
自分 システム マインド
仕組み・記録・環境 考え方・視点
講義 時間管理 潜在意識・人間心理

相手 スキル(手段) ナレッジ(判断)
問題解決 問題発見
講義 身体マネジメント 行動特性

人が動かせるのは、思考と行動しかないので
システム、マインド、スキル、ナレッジを上手く活用して
潜在意識の力を借りれば問題は解決していく。
その為には、思考と感情の力を観察して制御できるようにならないといけない。

まず、全ての始まりであるマインドから始める。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です